トップ / 二世帯の住まいを建てる

二世帯の住まいの注意点

住まいを二世帯住宅にする時は、それぞれの世帯のプライバシーを確保することが大切です。玄関は勿論、キッチン、トイレ、バスなど水回りに関しては、それぞれの世帯で取り付けた方が無難です。住宅が2階建ての場合、脚、腰の弱りがちな親世帯が1階に入居するケースが多いと思われますが、その際、上階からの物音が響かないよう、防音に気を配ります。但しお互いの世帯で行き来を全く遮断するのではなく、緊急の際や共同のイベントがある時には、一緒に行動できるように、繋がりを持っておく必要があります。みんなで団欒できるスペースがあるのも良いですね。住まいに関しても、付かず離れず、の関係が良い様です。

二世帯同居のスタイル

親と子の同居の形として注目を集めている二世帯住宅。両親、子供夫婦、孫とが一つの場所に同居する場合も多く、家族の絆やふれあいを大切にしながら世代ごとのライフスタイルに合わせた住まいを実現することができます。またこの住まいの形は土地購入費、共有設備のコストや設備費の経費削減が出来るのも大きなメリットとなり近年では様々な形がホームメーカーからも多く提案されています。建物を上下又は左右に分けて各玄関をつくり独立させるタイプ、玄関は共有するが内装面でキッチン、トイレやお風呂を別々にしたり、共有スペースを充実させたりそれぞれの家族のこだわりを取り入れた間取りが特徴です。ニーズに合わせた二世帯住宅を建てませんか。

住まいのメンテナンス情報