トップ / 住まいのデザインを考える

住まいには人柄がでます

住まいは、住んでいる人の人柄がでるといいます。また、新しい家や新しいものを好む人もいれば、その反対に、古い家や古いものを好む人もいます。ナチュラルなインテリアを好む人もいれば、カラフルなインテリアを好む人もいます。住んでいる人が、家族が、心地よく暮らせることが大事なのです。家族でインテリアの好みが違うのならば、空間ごとに担当を変えてみるのも刺激があって良いかもしれません。模様替えをすることで、気晴らしになったり、気持ちをリセットすることもできます。生活スタイルに合わせて、DIYなど何か工夫をして、過ごしやすくしていくことも大切です。住まいが、あなたや家族の「居場所」になると良いですね。

すっきりとしたインテリアの内装

家の外観の美しさも大切ですが、暮らしやすい住まいにするためには、内装へのこだわりも重要になります。すっきりとしたインテリアでまとめた室内は、過ごしやすく、ゆったりとくつろげる空間になります。壁紙や家具などを、白やベージュ、茶色など、落ち着いたカラーのものでシンプルにまとめても良いですし、柄物を使用する場合には、同じテイストの家具で揃えると、まとまりのある印象になります。また、いつもきれいに片付いた住まいにするためには、必要以上に物を置かず、収納場所を工夫することで掃除をしやすくなります。その他、照明も部屋の印象を左右するので、作りたいイメージに合わせて選ぶと、より洗練された部屋になります。

住まいのメンテナンス情報