トップ / 住まいの悩みを解決する

冬暖かい住まいにするには

一戸建ての住まいの悩みの多くに「冬に寒い」というものがあります。日本の古い家や建売住宅などは冬になると足元からひんやりとして冷たい家が多いです。隙間風が入り込んだり、暖房器具を使ってもなかなか暖かくならなかったり、家全体が温まらず、暖房器具を使っている部屋以外は凍えるように寒かったり。住んでしまってから家の壁や床を取り替えるわけにはいきませんが、改善の方法はあります。家全体を暖めるセントラルヒーティングの設備を取り付けたり、床暖房に張り替えたり、外張り断熱をする方法です。家全体をすっぽりと包む外張り断熱は住まいの冷暖房費がぐっと減りますから冷暖房費を抑えて行きたい場合はお勧めです。

暮らしの中の悩みの解消について

夢のマイホームを購入して、いざ住み始めてみたら、住まいの悩みが尽きないという話を良く聞きます。自分は賃貸だから大丈夫だと思っていても、いつトラブルがあるかわかりません。急なトラブルがあっても、適切に対処できるよう日頃から備えておくことが大切です。特に多いのが、水回りのトラブルです。素人では直せないという場合もあります。最近では、専門業者が数多くいるので、上手に利用してみてもいいでしょう。もし多少時間があるなら、高額の請求をされないためにも見積もりを取ってから仕事を依頼する方がより安心です。必要です。適切な修繕で、あなたの住まいを長持ちさせましょう。

住まいのメンテナンス情報